VINOROSSO @ Saizeriya

300KBまでにどうしてもなりません、Galaxy Note10+とiPhone12で何度も圧縮アプリやりましたが、、

本題は、掲題のサイゼリヤの誤INPUT問題です。
発注本や雑誌が来たときは、その日に読まねば積読の公算大ということで、サイゼでReading with デカンタ(マグナムではない)とMy ruleしています。

今日は新刊はなく、But Standing Viewingで、ずっと読んでるエンタテイメント 今野敏さんの隠蔽捜査シリーズ最新刊「探花」を読了しました。

間違いない予定調和の読後感!
この稿、to be continue~

[125] ホーソン (2022/01/20 Thu 19:36)


Re: VINOROSSO @ Saizeriya

494x495 64.2kb

パスワード未設定でUPしました。設定しないと編集できない、、失敗から学びます。

[126] ホーソン (2022/01/21 Fri 07:43)

万にひとつも失敗するな

572x278 88.6kb

日経コラム「迫真」今日付けの記事からです。

Athlete firstといいつつ、Olympicは古くは国威発揚、東側の国では体制維持も大きな目的です。

官僚に誤謬なし、といわれて何度も行政起因の失敗は繰り返されていますが、東側の国々での失敗研究はどうなってるんでしょう?

誤謬なし、じゃないよね。

[124] ホーソン (2022/01/19 Wed 14:57)

やる気に比例する「失敗」

473x203 28.1kb

武蔵野の小山社長は、ダスキン事業に経営支援事業を立ち上げて2本柱とした有名な経営者です。武蔵野のユニークな取り組みの一つに朝の勉強会(手当付き)があります。そのなかで取り上げた用語の抜粋が本になっています。

そのなかに「失敗」の項目があります。
曰く、

失敗
やる気に比例する。失敗は避けるべきものではない。逃げるものではない。そこから何かを学ぶのです。1回目は一歩先進です。2回目は確認です。3回目はバカです。同じ失敗をしてはいけません。自分自身が気にするほど他人はあなたの失敗を気にしていない。

まさに至言です。

出典:仕事ができる人の心得 小山昇

[123] ホーソン (2022/01/18 Tue 20:21)

Integrated Report

672x385 105.2kb

第1回 日経統合報告書アワードは、2月下旬に決まるようです。それより早く我が環境研鑽集団 土9 では、Awardを決定しました。

日経のサイトにいくと審査基準など書かれています。
我々も、Systematicに進めていこうと思います。

時代に適したものか,
次代に残せるものか、

https://adnet.nikkei.co.jp/a/nira/

出典:日経新聞1/7

[122] ホーソン (2022/01/17 Mon 22:14)

事故の記憶

500x367 77kb

環境報告書を読むsince2001、2022年年頭の会合を終えました。

三菱重工の報告書では、MRJについての言及がなく少し寂しく。
雪印メグミルクは、20年前の偽装事件を掲載。
今回見らなかったですが、JR西日本の報告書は毎回 福知山線脱線事故についてページをさいています。

畑村先生のいう人は忘れる、世間も忘れる。を忘れないように毎年報告書に載せる努力は、好感度UPです。

[121] ホーソン (2022/01/16 Sun 23:07)

失敗しても成功しろ

738x270 283.3kb

失敗しても成功しろ/信じて任せる

YKK吉田工業のコアバリューの一つです。
強く言って/やる気にさせる
ぐっときます。

年初の例会は、「環境報告書を読むsince2001」として
約百社の報告書(環境、CSR,統合、等)を取り寄せて読む会を主催しています。

[120] ホーソン (2022/01/15 Sat 14:20)

起業と失敗

589x424 142.2kb

連載「私のリーダー論」は参考になります。

今回の投資ファンドの方は、留学先の指導教授に言われたことが役立ったといっています。

・もし君たちがビジネスを始めるなら、確率でいうと最初の1,2回は失敗するだろう。それを前提に4,5回で成功できるように計画しなさい。

これを受けて、以下のようにいいます。

・起業するにはまず失敗を前提に人、モノ、カネなど経営資源をどう投じるかを考えないといけません。

ISO9001でいうなら、6章リスクと機会、そして内部外部の課題を明示し、その変化も明らかにする、です。

時代は、dog yearから、mouse yearとますます早く進んでいます。そういう意味で冒頭の「1,2回の失敗」は、早く小さく始めて、小さく早く失敗して学べ、ということだと思います。

出典:読売新聞1/13

[119] ホーソン (2022/01/14 Fri 08:11)

前7件  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  (15-21/100)  次7件
特定非営利活動法人失敗学会免責事項
掲示板への書き込み内容、または、書き込みに起因するすべての事柄について当会は何ら責任がないものとします。 また、特定非営利団体失敗学会役員が書き込みをすることがありますが,その内容やその内容に起因するすべての事柄について、特定非営利団体失敗学会及び当該役員は何ら責任を負いません。