特定非営利活動法人

失敗学会

広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について
 入会案内
 連絡先
 International
   日本語ホーム
 組織
   設立主旨
   法人会員
   個人会員 
   分科会
   貸借対照表
 ニュース
   過去のニュース
   ビデオライブラリ 
   関連・推薦書籍
 会員ページ
   パスワードを忘れたら
   会員個人情報変更
   失敗学フォーラム
   論文投稿要領
 〒113-0033 東京都
 文京区本郷 5-29-12
  admin@shippai.org  

ME317最終発表会


2005年6月1日, Stanford, California -- ME317"Design for Manufacturability"は,スタンフォード大学 機械工学科の中でも“産”と“学”が密接に結びついた主要講座の1つである. 2004-2005年度最終発表会も,講座参加企業のほか,卒業生,学部教授陣など居並ぶ中で 生徒達が1年間のプロジェクト開発の成果を発表した.
   この講座には,米国内だけではなく,ヨーロッパ,日本からも参加企業は多い.今年参加の企業も, BAE, Ebara,Toyota,SLAC,Nissan,SAVI,Medtronics, St. Jude Medical と多彩だ.
   講座内容は,製造業を対象に構成されているが,創造性,アイデア捻出と いった人間の知的活動を支援したり,新規事業の効果予測を定量的に行うツールを, 体系化し教えている.製造業界でも最先端の企画手法の教授と言えよう.その成果を求めて 医療界からも参加企業が続いている.
   各グループは3名から4名の生徒からなり,半年間,講義と宿題をこなすほかに, 本講座のプロジェクトに学生生活のかなりの時間を割くことになった.後半のME317B講座の最終発表会は, その集大成である.今年の発表は,生産管理の制御システム,半導体製造の工程改良,自然災害に強い自動車,電池式自動車,コンテナ扉の 開閉・内部温度条件モニター付き鍵装置,心臓病患者の状態モニター装置等,実に多彩なプレゼンテーションが行われた.    この講座は,Stanford Center for Prefessional Development (SCPD: スタンフォード社会人能力開発センター) により,オンラインで提供されている.当日発表の上記6社に加え,世界中からさらに多くの一流企業が ME317をライセンス受講している.2005年は,日本国内でも中小企業を対象に, サイドローズエルピー社が1人でも同講座が受講できるようライセンス講座を試みる.当初は失敗学会 主催の提供を考えていたが,ライセンス講座開講に投資リスクが伴うため,これを断念した.
(いいの・けんじ)

質疑応答にも熱が入る


発表に聞き入る聴衆
10 11  12月 1 2 3
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

失敗知識DB

失敗年鑑

個人会員紹介
2945番様のページ

法人会員紹介

失敗体験施設名鑑

画像掲示板
 
Copyright©2002-2018 Association for the Study of Failure