特定非営利活動法人

失敗学会

広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について
 入会案内
 連絡先
 International
   日本語ホーム
 組織
   設立主旨
   法人会員
   個人会員 
   分科会
   貸借対照表
 ニュース
   過去のニュース
   ビデオライブラリ 
   関連・推薦書籍
 会員ページ
   パスワードを忘れたら
   会員個人情報変更
   失敗学フォーラム
   論文投稿要領
 〒113-0033 東京都
 文京区本郷 5-29-12
  admin@shippai.org  

第12回失敗学講演の旅: 雨のしまなみ海道を往く
(Part 2: 海賊どもが夢のあと)

Part 1 はこちら>>


   大山祇おおやまずみ神社を後にし、伯方島はかたじま大島おおしまを通り、最後に来島くるしま第一、第二、 第三の三連吊橋、来島海峡大橋を通って四国側に到着した。
   まずは、糸山公園の西側麓、波止浜港はしはまこうに面した造船所を見学。これが日曜日だったこともあって、 勝手に訪問という見学であった。見上げるような、というのはこれかと思った。とにかく圧倒された。 神戸製鋼高砂製作所で見た8千トンプレス()で鍛えられ、削られ、 焼きばめでもってでき上がった巨大クランクシャフトがなるほど、こういう船のエンジンに取り付けられるのかと納得した。
   進水の時には、これがするすると海に降りていくのだという。地図を見てわかるが、 対岸までの距離が数百メートルしかない。
「ええ、ぶつかっちゃうんじゃないのお」
とは、中尾先生の第一声。
「いいえ、それがものの見事に海に出るや否や、クルッと回るんですよ」
と岡田先生。
   写真の奥には、翌日月曜にはその海に浮かぶ予定なのだろうか、 進水式のための化粧を終えた船があった。いつかはこのような巨大船の進水式を見てやろうと思った。

つづきはこちら>>

(いいの・けんじ)


10 11  12月 1 2 3
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

失敗知識DB

失敗年鑑

個人会員紹介

法人会員紹介

失敗体験施設名鑑

画像掲示板
 
Copyright©2002-2018 Association for the Study of Failure