特定非営利活動法人

失敗学会

広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について
 入会案内
 連絡先
 International
   日本語ホーム
 組織
   設立主旨
   法人会員
   個人会員 
   分科会
   貸借対照表
 ニュース
   過去のニュース
   ビデオライブラリ 
   関連・推薦書籍
 会員ページ
   パスワードを忘れたら
   会員個人情報変更
   失敗学フォーラム
   論文投稿要領
 〒113-0033 東京都
 文京区本郷 5-29-12
  admin@shippai.org  


第1回原子力社会論・公開ワークショップ「リスクガバナンスの諸課題〜原子力、医療、食品の比較の観点から〜」
主催: GCOEプログラム「世界を先導する原子力教育研究イニシアチブ」(工学系研究科原子力国際専攻)
共催: 東京大学公共政策大学院「科学技術と公共政策研究ユニット」
日時: 2008年9月17日(水) 13:00-17:30
場所: 東京大学 武田先端知ビル5階武田ホール
参加費: 無料
参加申込: グローバルCOE事務局宛メールにより事前登録をお願いします
gcoesymp2@nuclear.jp
※ご氏名・ご所属・ご連絡先を付して、9月12日(金)17:00までにお申し込みください。 なお、12日以降も登録を受け付けますが(当日も可能)、その場合、準備の都合上、資料をお渡しできないことがございます。 どうぞご了承ください。

   近年、科学技術に係るリスクに対して、社会全体としてどう付き合い、飼い慣らしていくかという、 「リスクガバナンス」のあり方に注目が集まっている。そこで今回は「原子力」「医療」「食品」の三分野を取り上げ、 比較検討を試みるワークショップを開催することとした。内容は、まず、行政とアカデミズムの両方と関わりつつ、 政策決定に参画した経験を持つ三名の演者に講演を求め、各分野のガバナンスの現状認識を簡潔に披露頂く。 さらに、若手の社会科学系研究者三名に、各講演内容を踏まえたコメントを求め、議論を深める。 その上で、登壇者全員で全体討議を進め、共通の問題の特徴付けや構造化、解決の障害となっているポイントの明示化などを行い、 今後の検討課題を明らかにする。以て、より良いガバナンスの具現化に資することを目的とする。

※詳細、プログラムは>>>こちら<<<から




10 11  12月 1 2 3
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

失敗知識DB

失敗年鑑

個人会員紹介
2024番様のページ

法人会員紹介

失敗体験施設名鑑

画像掲示板
 
Copyright©2002-2018 Association for the Study of Failure