特定非営利活動法人

失敗学会

広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について
 入会案内
 連絡先
 International
   日本語ホーム
 組織
   設立主旨
   法人会員
   個人会員 
   分科会
   貸借対照表
 ニュース
   過去のニュース
   ビデオライブラリ 
   関連・推薦書籍
 会員ページ
   パスワードを忘れたら
   会員個人情報変更
   失敗学フォーラム
   論文投稿要領
 〒113-0033 東京都
 文京区本郷 5-29-12
  admin@shippai.org  


(2008/10/22)NHKに畑村出演

下記番組内で畑村のインタビュー映像が放映される予定です.
(10月15日放送予定の番組が下記のとおり延期になりました.)

*場合により放映日時が変更されますので,ご了承ください.
【放送日時】 2008年10月22日 8:35〜9:25(予定)
【放送局】 NHK総合テレビ
【番組名】 「生活ほっとモーニング」〜遺品が語る空の安全(仮)
【番組HP】 http://www.nhk.or.jp/hot/
【内容】
  520人が犠牲になった、日航ジャンボ機墜落事故から23年。 今年8月、人知れず保管されてきた持ち主がわからない「遺品」が、初めて公開・展示された。
  墜落時刻で止まった時計、高熱で曲がったメガネ…残された「身元不明遺品」は2700点あまり。 事故のすさまじさと犠牲者の無念が、遺品の1つ1つに刻まれている。
  「荼毘にふすべきか?保存・公開すべきか?」遺品の運命は、この23年、 遺族と日航、両者の思惑の間を揺れ動いてきた。負のイメージをぬぐい去りたい日航と、 安全啓発に生かしたい遺族の主張が真っ向から対立してきたのだ。
  しかし、遺族たちのねばり強い活動が日航の意識を変え、 今、両者は遺品を空の安全のために役立てようと、共に歩もうとしている。 この10月には遺族たちが、社員の前で語ることも計画されている。
  「遺品」の公開・展示をめぐる、二組の遺族と日航の関係者たちの23年と、 安全のために動き始めた両者の今を追う。
10 11  12月 1 2 3
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

失敗知識DB

失敗年鑑

個人会員紹介
3149番様のページ

法人会員紹介

失敗体験施設名鑑

画像掲示板
 
Copyright©2002-2018 Association for the Study of Failure