特定非営利活動法人

失敗学会

広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について
 入会案内
 連絡先
 International
   日本語ホーム
 組織
   設立主旨
   法人会員
   個人会員 
   分科会
   貸借対照表
 ニュース
   過去のニュース
   ビデオライブラリ 
   関連・推薦書籍
 会員ページ
   パスワードを忘れたら
   会員個人情報変更
   失敗学フォーラム
   論文投稿要領
 〒113-0033 東京都
 文京区本郷 5-29-12
  admin@shippai.org  

印刷博物館ツアーのご案内

(右の写真は印刷博物館ホームページより→)

 先日、失敗体験ネットワークの齋藤稔さんより、日経PLUS1の「何でもランキング」に 掲載された「おすすめの企業博物館」をお知らせいただいた。1位から10位は、
 これらのうち、1位の鉄道博物館についてはその前身が神田でこじんまり展示していたときに失敗体験ネットワークが訪問している。 3位の産業技術記念館は、5月の地方懇談会で訪ねる予定だ。 4位のトヨタ博物館は、つい先ごろ出張のついでに一人でちゃっかり見てきた。 このほか、6位のインスタントラーメン発明記念館は、大阪分科会で出かけ、 チキンラーメン手作り工房を体験してきた。
 第2位の印刷博物館は未体験である。 そこで、3月21日に予定されている失敗体験ネットワーク午後の会合の前に行ってみようということになった。 知的好奇心万歳!

 一人で展示を見るのは、静かでどの展示にどれくらい時間をかけるかはまったく自分の采配になり、それなりに楽しい。 美術展などはよほど気の会う人と一緒でもない限り、一人がお勧めだ。ただし、一人鑑賞のデメリットは感想を口にすることがないこと。 口にしてもいいが、『変なおじさん・おばさん』になってしまう。声にするということは、頭の中で作文をするので、 自分の中でそれなりに想念をまとめるという作業が発生する。
 技術に関する展示を見て何かを学ぼうとするときは仲間や、それほど仲良しでなくても何らかの共通意識や、しがらみでもいいからそれがあって、 まとまっているグループで出かけるのがよい。自分にはない視点に驚かされたり、 知らなかった背景情報を教えられてより充実した学びの時間を過ごすことになる。
[ 飯野謙次 ]

 21日のイベントは、以下スケジュールで開催します。 失敗学会員でなくても参加できますが、事前予約が必要です。
 一般の方は admin@shippai.org まで、メールでお申し込みください。失敗学会員、一般合わせて参加申し込み15名になり次第締め切ります。

 本イベントは終了しました。

3月21日(土)スケジュール
10:00 印刷博物館エントランス付近集合    ||    印刷博物館アクセスマップ
10:15 ボランティアの案内つき、見学
10:45 VRシアター
11:15 印刷体験工房でオリジナル印刷物製作体験
12:00 終了

参加料:失敗学会員500円、一般1,000円 (博物館入場料 300円を含む)

10 11  12月 1 2 3
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

失敗知識DB

失敗年鑑

個人会員紹介

法人会員紹介

失敗体験施設名鑑

画像掲示板
 
Copyright©2002-2018 Association for the Study of Failure