特定非営利活動法人

失敗学会

広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について
 入会案内
 連絡先
 International
   日本語ホーム
 組織
   設立主旨
   法人会員
   個人会員 
   分科会
   貸借対照表
 ニュース
   過去のニュース
   ビデオライブラリ 
   関連・推薦書籍
 会員ページ
   パスワードを忘れたら
   会員個人情報変更
   失敗学フォーラム
   論文投稿要領
 〒113-0033 東京都
 文京区本郷 5-29-12
  admin@shippai.org  

羽越本線脱線事故に見る自然の脅威

  2005年12月25日午後7時20分ごろ、クリスマス。 子供たちはプレゼントに目を輝かせ、甘いケーキに舌鼓を打っていた時、 秋田発新潟行き上り特急が山形県内で最上川を渡りきった後、突風にあおられて脱線・転倒、5名の方がなくなった。

 地震や台風に限らず、火山の噴火など自然の脅威は怖い。 大丈夫と思っていても、それがとんでもない油断であったことは後になってよくデータを分析してわかることである。 人間の限界か、それとも経験が足りないのか。今一度この事故について考察してみよう。
[ 飯野謙次 ]


失敗年鑑2005記事>>羽越本線脱線事故

>>失敗年鑑記事一覧はこちらから

10 11  12月 1 2 3
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

失敗知識DB

失敗年鑑

個人会員紹介
3170番様のページ

法人会員紹介

失敗体験施設名鑑

画像掲示板
 
Copyright©2002-2018 Association for the Study of Failure