特定非営利活動法人

失敗学会

広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について
 入会案内
 連絡先
 International
   日本語ホーム
 組織
   設立主旨
   法人会員
   個人会員 
   分科会
   貸借対照表
 ニュース
   過去のニュース
   ビデオライブラリ 
   関連・推薦書籍
 会員ページ
   パスワードを忘れたら
   会員個人情報変更
   失敗学フォーラム
   論文投稿要領
 〒113-0033 東京都
 文京区本郷 5-29-12
  admin@shippai.org  

2005年は航空機トラブル続出

  歴史の中で単独航空機最悪の事故は、1985年の日航ジャンボの御巣鷹山墜落事故である。 失敗学会では、事故発生から17年目の考察 ()、 大阪夏の大会で救助に当たられた方の講演 ()、 慰霊登山参加安全啓発センター訪問など、様々な形でこの事故について考えてきた。

 2005年はとりわけ航空機のトラブルが多く、国土交通省は複数の厳重注意、 さらに事業改善命令まで出す対応を行った。
 事故というものは往々にして、確率の気まぐれにより、複数要因が重なった時に発生することが多い。 2005年の一連の航空機トラブルで死者がなかったのは、たまさか運がよかったと考えなければならない。 この年に発生したトラブルを今一度、見直しておこう。

[ 飯野謙次 ]


失敗年鑑2005記事>>航空機トラブル続出

>>失敗年鑑記事一覧はこちらから

10 11  12月 1 2 3
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

失敗知識DB

失敗年鑑

個人会員紹介

法人会員紹介

失敗体験施設名鑑

画像掲示板
 
Copyright©2002-2018 Association for the Study of Failure