特定非営利活動法人

失敗学会

広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について
 入会案内
 連絡先
 International
   日本語ホーム
 組織
   設立主旨
   法人会員
   個人会員 
   分科会
   貸借対照表
 ニュース
   過去のニュース
   ビデオライブラリ 
   関連・推薦書籍
 会員ページ
   パスワードを忘れたら
   会員個人情報変更
   失敗学フォーラム
   論文投稿要領
 〒113-0033 東京都
 文京区本郷 5-29-12
  admin@shippai.org  

シンドラー、エレベータ事故

   2006年6月3日、東京都港区のマンションで、16歳男子がエレベータから降りようとしたところ、 同エレベータが突然扉を開けたまま上昇、男子はエレベータ床と建物天井に挟まれて絶命した。 この悲惨な事件から3年余り経った先月16日、製造元シンドラー社から2名、 保守管理会社SECから3名の計5人が業務上過失致死罪で起訴された。

   この事件からさかのぼることおよそ3年前の2003年8月16日、米国テキサス州ヒューストンの病院で、 日系人医師がエレベータドアに挟まれ、そのまま上昇したエレベータに頭部上半分をせん断される形で即死する事故があった。 当時ヒューストン市内のエレベータは 8,000基を越え、 テキサス州の中でも同市は特にエレベータに関する条例が厳しいにも拘わらず、 2002年だけでも256件のエレベータ・エスカレータ事故が報告されていた。8月16日事故の機種はオーティス社製、保守はコーン社が行っていた。
   米国では年間、エレベータ・エスカレータによる死者が30名あり、重傷者が2万人近く(2003年当時)発生する。 ヒューストン市とその回りを含むヒューストン郡では、2003年8月までに、オーティス社を相手に起こされた訴訟が1978年より200近く記録されており、 シンドラー社に対しては、1983年よりおよそ100件あった。

   失敗学会ではこの8月、畑村会長、飯野副会長、会員の土屋健介氏がヒューストンを訪れ、視察・訪問を行う。

失敗年鑑2006記事>>シンドラー、エレベータ事故

>>失敗年鑑記事一覧はこちらから

10 11  12月 1 2 3
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

失敗知識DB

失敗年鑑

個人会員紹介

法人会員紹介

失敗体験施設名鑑

画像掲示板
 
Copyright©2002-2018 Association for the Study of Failure