特定非営利活動法人

失敗学会

広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について
 入会案内
 連絡先
 International
   日本語ホーム
 組織
   設立主旨
   法人会員
   個人会員 
   分科会
   貸借対照表
 ニュース
   過去のニュース
   ビデオライブラリ 
   関連・推薦書籍
 会員ページ
   パスワードを忘れたら
   会員個人情報変更
   失敗学フォーラム
   論文投稿要領
 〒113-0033 東京都
 文京区本郷 5-29-12
  admin@shippai.org  

「セーフウェア -安全・安心なシステムとソフトウェアを目指して」
発行のお知らせ

著書名:  セーフウェア -安全・安心なシステムとソフトウェアを目指して
著   者:  ナンシー・G・レブソン
訳   者:  松原友夫、片平真史、吉岡律夫、西 康晴、青木美津江
発行日:  2009年10月29日
出版社:  翔泳社
定   価:  5,600円(税別)

 コンピュータの問題点、事故の根本原因とは何か、システムとは何か、 リスクとは何か、についての丁寧な解説から始まり、 後半に、システムを安全・安心で確実にするためのシステム、 ソフトウェア、人的因子などについて、多くの対策や説明が含まれています。
 ノウハウを羅列した単なるマニュアル本ではなく、事故やトラブルはなぜ起きるかという分析から始まり、 だからこういう対策や技法が必要である、ということを学ぶことができる一冊です。

 本書の訳者の一人として関わった吉岡律夫さんは「レプソン教授が書いているように、 自信過剰と自己満足は事故の主要な根本原因であり、 ソフトウェア技術者は安全工学を、安全技術者はソフトウェア工学を、本書で学んでほしい」と記しています。
 原書は 「Safeware:System Safety and Computers」Nancy G.Leveson
10 11  12月 1 2 3
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

失敗知識DB

失敗年鑑

個人会員紹介
2945番様のページ

法人会員紹介

失敗体験施設名鑑

画像掲示板
 
Copyright©2002-2018 Association for the Study of Failure