特定非営利活動法人

失敗学会

広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について
 入会案内
 連絡先
 International
   日本語ホーム
 組織
   設立主旨
   法人会員
   個人会員 
   分科会
   貸借対照表
 ニュース
   過去のニュース
   ビデオライブラリ 
   関連・推薦書籍
 会員ページ
   パスワードを忘れたら
   会員個人情報変更
   失敗学フォーラム
   論文投稿要領
 〒113-0033 東京都
 文京区本郷 5-29-12
  admin@shippai.org  

フォーラム80 in 大阪報告

日 時:2010年9月11日土曜日
場 所:リーガルタワー大阪 (大阪市中央区淡路町)
参加費:大阪分科会員無料、失敗学会員 500円、一般 1,000円

参加者: 大澤 勲、本多 茂、佐伯 尚、小川 正、柴田 篤、飯野謙次、福井則夫、
木田一郎、児玉 仁、岩崎雅昭、岡田敏明、藤井信彰、原口文徳、永濱 健


【会次第】
14:00 リーガルタワー大阪 (大阪市中央区淡路町)
14:15 「ハーマンモデル」本多 茂
15:15 「QCツールによる紙飛行機の改善」佐伯 尚
16:15 年次大会、今後の計画
17:00 終了

17:30 船場センタービル3 地下1階 (3,000円)



 5月の春合宿、7月の夏の大会と続いた後、 久しぶりに皆が席についての大阪失敗学フォーラムである。 台風9号とともにようやく酷暑から逃れたと思ったら、 前日から再び真夏日の試練にさらされている大阪だった。
 準備が必要とのことで、急遽後半に予定変更となった佐伯さんが、 “実行”タイプの藤井さん(これは後の本多さんのハーマンモデルの実験で見事に立証される) に手伝ってもらいながら、何やら大きなマス目を床に作っている。マス目が整ったところで、 本多さんのプレゼンとなった。

 まずは、ハーマンモデルの解説を要約しながら引用しよう。
 ハーマンモデルとは、米国GE社のネッド・ハーマンが開発した思考スタイル測定ツールです。 人は無意識のうちに自分で心地よい脳の部位を使っており、それが行動に現れます。


<<つづきはこちら>>
10 11  12月 1 2 3
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

失敗知識DB

失敗年鑑

個人会員紹介
3170番様のページ

法人会員紹介

失敗体験施設名鑑

画像掲示板
 
Copyright©2002-2018 Association for the Study of Failure