特定非営利活動法人

失敗学会

広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について
 入会案内
 連絡先
 International
   日本語ホーム
 組織
   設立主旨
   法人会員
   個人会員 
   分科会
   貸借対照表
 ニュース
   過去のニュース
   ビデオライブラリ 
   関連・推薦書籍
 会員ページ
   パスワードを忘れたら
   会員個人情報変更
   失敗学フォーラム
   論文投稿要領
 〒113-0033 東京都
 文京区本郷 5-29-12
  admin@shippai.org  

(子供に体験させたい)50の危険

 吉岡さんに、“これ、面白いから失敗学会に差し上げます”と献本をいただいた。 "50 Dangerous Things (you should let your children do)" と題されたこの本、 イラストつきで確かにとても面白い。
 1番、“9ボルトのバッテリーを舐めてみる” に始まり、49番、“屋外で一泊してみる”、 そして50番は、“自分で1つ決めてみよう”。どうやら、アメリカでも話題になったようで、 Fifty Danerous Thingsというホームページまでできているから驚きだ。

 先日事務所内で、バッテリーが死んでいるみたい、 というのでやにわにそれを舐めた筆者に事務員さんが目を丸くしていた。
「なにをしているんですか」と怪訝そうに、いかにも変なおじさんにあきれている目つきだった。
「バッテリーを確認しているだけや。でも、このまっすぐなタイプは結構難しいねん」

 "50 Dangerous . . . " の9ボルト電池は、図中右のようにボックス型で、プラス(小ぶりの円筒形)とマイナスの端子(スリットの入った六角形)が、 どちらもボックスの上面に取り付いているので、舌で両方の端子を同時に舐めるのは簡単だ。一方、単三など 1.5ボルトの電池は、 プラス端子がマイナス端子の反対側にあって、どれだけ長い舌の持ち主であっても、両端子を同時に舐めるのは至難のわざだ。
 そこでどうするかと言えば、舐めてぬらした指をマイナス側に押し付けながら、プラス端子を舐める。初めてやってみる人には、 1.5ボルトの微小な電圧はわかりにくい。その場合は、2本直列に並べてぬらした指を2本目のおしりに当てて1本目のプラス端子を舐める。 少し酸っぱいような味の正体が3ボルトの電圧が生む微弱電流。マイナス側に押し付ける指をぬらすのは、 電流が流れやすくするための工夫だ。

 本の中には、本物の車を運転してみるとか、線路に1セントコインを置いて潰してみようとか、 まあ日本の親が聞いたら目くじらを立てて“絶対にダメ”と言いそうな体験もたくさんある。 味噌は英語題の括弧の中の文 "you should let your children do"、 つまり子供がやろうとしていたら知らん振りをしてやらせようということだ。 邦題「子どもが体験するべき50の危険なこと」として翻訳本も出ている。
 大人が読んでも、ああ、やったことがある、と思わず心で思って公の場では言えないこともあるだろう。 興味ある方は以下リンクからどうぞ。
【飯野謙次】
日本語訳本はこちら

英語原書はこちら

10 11  12月 1 2 3
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

失敗知識DB

失敗年鑑

個人会員紹介
3205番様のページ

法人会員紹介

失敗体験施設名鑑

画像掲示板
 
Copyright©2002-2018 Association for the Study of Failure