特定非営利活動法人

失敗学会

広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について
 入会案内
 連絡先
 International
   日本語ホーム
 組織
   設立主旨
   法人会員
   個人会員 
   分科会
   貸借対照表
 ニュース
   過去のニュース
   ビデオライブラリ 
   関連・推薦書籍
 会員ページ
   パスワードを忘れたら
   会員個人情報変更
   失敗学フォーラム
   論文投稿要領
 〒113-0033 東京都
 文京区本郷 5-29-12
  admin@shippai.org  

失敗学フォーラム 112 in 文京

"わかりやすく利用できる"公共空間の視覚化方策

2013年 10月 19日土曜日

     場 所: 障害者会館 3階会議室B
                (文京区春日1-16-21文京シビックセンター3階)
     参加者:(会員13名)綾部豊樹、飯野謙次、石橋 明、石松範章、角口開道、
                佐藤俊一、篠崎友尋、中根和誠、中尾政之、長谷川清一、二平雄二、
                福本喜枝、柳澤信一郎

     講師:赤瀬達三(あかせ・たつぞう) 黎デザイン総合計画研究所 代表

     14:15 開場
     14:45 事務連絡
     15:00 講演開始 90分
     16:30 質疑応答
     16:40 終了
     17:00 懇親会(場所未定)

本イベントは終了しました。



概要
 公共空間のユニバーサルデザインを目指してまとめられた移動円滑化整備の指針、バリアフリー・ガイドラインでは、目的実現のために、@移動のしやすさ、A使いやすさ、Bわかりやすさ、の三点から方策を立てることが推奨されています。
 ここではそのBに着目して、どのようにすれば、鉄道駅などの「わかりやすさ」を確保することができるか、 その方策について考えてみたいと思います。
 一般に、駅などをわかりやすくするには、案内サイン(掲示類)を改善することを思いつきます。 しかし、ただサインの数を増やしたり、文字を大きくするだけでは、混乱する駅などをわかりやすくすることはできません。
 実は「空間自体の記号化」と「サインメディアの体系化」という二つのアプローチが不可欠なのです。言語学・心理学等の知見に基づき、その整備の要点を提言します。

講師略歴
デザインディレクター。1946年東京生まれ。1972年千葉大学工学部工業意匠学科卒業。1973年黎インダストリアルデザイン事務所(現・黎デザイン総合計画研究所)設立。千葉大学教授、同大学大学院教授を経て、現在、千葉大学特別講師。東京大学博士(工学)。
サイン計画のおもな仕事に、営団地下鉄(日本デザイン賞)、仙台市地下鉄南北線(通産省選定Gマーク商品)、みなとみらい線(グッドデザイン賞)、横浜ターミナル駅(SDA賞最優秀賞)、アークヒルズ、六本木ヒルズ、首都高速道路、東日本・中日本・西日本高速道路など。

著書
  • 『公共空間のサイン』六耀社1994
  • 『サインシステム計画学』鹿島出版会2013


    文京シビックセンター案内図(文京区HPより)
  • 10 11  12月 1 2 3
    2018年12月
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     

    失敗知識DB

    失敗年鑑

    個人会員紹介

    法人会員紹介

    失敗体験施設名鑑

    画像掲示板
     
    Copyright©2002-2018 Association for the Study of Failure