特定非営利活動法人

失敗学会

広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について
 入会案内
 連絡先
 International
   日本語ホーム
 組織
   設立主旨
   法人会員
   個人会員 
   分科会
   貸借対照表
 ニュース
   過去のニュース
   ビデオライブラリ 
   関連・推薦書籍
 会員ページ
   パスワードを忘れたら
   会員個人情報変更
   失敗学フォーラム
   論文投稿要領
 〒113-0033 東京都
 文京区本郷 5-29-12
  admin@shippai.org  

JRリニアモーターカー試乗

2004年3月18日山梨県都留市― 畑村会長を含めた技術者一行が山梨県都留市にある JR東海山梨実験センターを訪れた。目的はリニアモーターカーの試乗。10名ほどの 一行は、新宿駅から駅弁を手に中央本線かいじに乗り込んだ。その日はどんよりした はっきりしない天気。時々小雨がパラついていたが、リニアに初めて乗ろうという 者たちの気持ちの高揚を抑えることはなかった。
   新宿から1時間もすると大月駅に到着する。そこからタクシーに 分乗してセンターに到着した。実験線は総延長18.4kmにもおよび、そのほとんどが トンネル内にあり、また勾配がついていて実用に向けた実験環境と言えよう。


図1  車内で発車を待つ一行


   この日の実験車両は4両編成、MLX01のB編成だ。列車が500km/hを 達成する向きのとき、30m弱の先頭車両の大部分がノーズだから驚く。


図2  先頭車両の長いノーズ


   試乗は、あっという間に終わる。もっとも、全部でおよそ50kmも 乗るのだが、最高速度500km/hも出すのだから当然だ。もちろん初速はゼロ。この時、 車両はタイヤに乗っている。時速160km/hに達したところで車輪が引っ込み、完全な リニアモーターによる浮上走行となる。車内表示が刻々と変わる速度を伝えていた(図3)。


図3  時速500kmを伝える表示


   試乗を終え、車両の説明を聞き、さらに制御室も見ることができた。この リニアモーターカーは運転手なしで走らせている。


図4  車両の説明を聞く


図5  ガラス越しに制御室を見る


   詳しい資料は、JR東海のリニアモーターカーサイト  http://linear.jr-central.co.jp/ で得られる。また同ページでは、抽選で一般試乗会を開催しているので、関心ある方は 是非、申し込むと良い。外れたら、下の写真をクリックして、せめてそのスピード感を 味見していただきたい。


この写真をクリックすると動画が見られます。
データはwmv形式です。
ウィンドーズメディアプレーヤ などのプラグインがないと動作しません。
10 11  12月 1 2 3
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

失敗知識DB

失敗年鑑

個人会員紹介

法人会員紹介

失敗体験施設名鑑

画像掲示板
 
Copyright©2002-2018 Association for the Study of Failure