特定非営利活動法人

失敗学会

広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について
 入会案内
 連絡先
 International
   日本語ホーム
 組織
   設立主旨
   法人会員
   個人会員 
   分科会
   貸借対照表
 ニュース
   過去のニュース
   ビデオライブラリ 
   関連・推薦書籍
 会員ページ
   パスワードを忘れたら
   会員個人情報変更
   失敗学フォーラム
   論文投稿要領
 〒113-0033 東京都
 文京区本郷 5-29-12
  admin@shippai.org  

最終版 津波防衛策報告書


 吉岡、淵上、古川、飯野を中心とした福島原発における津波対策研究会が、その解を追及してきた命題は以下の2つである。

  1. 福島原発において、巨大地震に伴う巨大津波を予測できたか
  2. もし巨大津波が事前に予測されていたら、事前にどのような対策をすれば事故を回避できたか

 まず、添田孝史さんを招いて開催した Forum 124 (2015-02-07、本郷)より、命題 1. に対しては、予測できたとの結論に達した。
福島原発における津波対策研究会・中間報告書 (命題1)

 さらに先の第2回研究会の結果を受け、過酷事故は避けられたとの結論に達した。その後、各対応に与えられた時間余裕を計算して以下報告にまとめた。
福島原発における津波対策研究会・報告書(命題2:事故回避可能性)

 最短の対応は、交流電源、直流電源、最終排熱系(海水ポンプ)の3つを同時に喪失した時点から、
  1. 直流電源を復帰(125/250Vdcバッテリー)、2時間以内にRCICかHPCIを起動
  2. 毎分1.6トンの水中ポンプとその駆動用に移動式交流電源を各原子炉用に確保。ポンプをRHRS海水取入れ口に取り付けて12時間以内にRHRを起動
することであった。また、これらが実現するためには機材の準備だけではなく、この極限状態を想定した対応の訓練をしていなければならなかった。
 同研究会は、3.11後の福島第一原発の対応に限定せず、3.11 前にどのような対応をしていればよかったかを命題 2. としていたので、報告書には非常時も多重防護を実現する更なる手立てを報告している。

 以下にこの研究会の一連の活動を、会発足前にさかのぼって記録しておく。
  • 2014-02-22 Forum115 3・11原発過酷事故と東電等の刑事責任
       古川元晴、畑村洋太郎、吉岡律夫、淵上正朗、他25名
  • 2014-06-21 Forum118 公開討論2:『東電等の刑事責任』
       古川、淵上、吉岡、後藤政志、中尾政之、飯野謙次、他19名
  • 2014-09-27 Forum120 公開討論3:福島原発事故は技術的に回避できたか
       淵上、吉岡、飯野、他9名
  • 2014-12-06 講演まとめ 福島原発事故の法的責任を検証する
       古川、淵上、吉岡、他参加者 96名
       年次大会講演 福島原発事故の法的責任を検証する(2014-12-12) 吉岡
  • 2015-02-07 Forum124 公開討論4:一般通常人とは何か
       添田孝史、飯野、吉岡、古川、淵上、他6名
  • 2015-04-18 Forum126 福島原発における津波対策研究会
       飯野、吉岡、古川、淵上、中尾、他14名
       福島原発における津波対策研究 -第1報(2015-04-27) 吉岡,淵上,飯野
       福島原発における津波対策研究会・中間報告書(命題1)
          (2015-04-27)吉岡,淵上,飯野
  • 2015-06-28 Forum128 第2回福島原発における津波対策研究会
       吉岡、古川、淵上、中尾、飯野、他20名
       福島原発における津波対策研究会・報告書(命題2: 事故回避可能性)
          (2015-09-30)吉岡、飯野、淵上



  • 10 11  12月 1 2 3
    2018年12月
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     

    失敗知識DB

    失敗年鑑

    個人会員紹介

    法人会員紹介

    失敗体験施設名鑑

    画像掲示板
     
    Copyright©2002-2018 Association for the Study of Failure