特定非営利活動法人

失敗学会

広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について
 入会案内
 連絡先
 International
   日本語ホーム
 組織
   設立主旨
   法人会員
   個人会員 
   分科会
   貸借対照表
 ニュース
   過去のニュース
   ビデオライブラリ 
   関連・推薦書籍
 会員ページ
   パスワードを忘れたら
   会員個人情報変更
   失敗学フォーラム
   論文投稿要領
 〒113-0033 東京都
 文京区本郷 5-29-12
  admin@shippai.org  

The Design Challenge 2016 -Tokyo

アイデアを形に(年次大会2016に向けて)
2016年 10月 22日(土) 13:00 - 17:00
東京大学工学部2号館3階、31B
一般 2,000円、失敗学会員 1,000円

本イベントは終了しました。


↓クリックでポスター表示↓
参加者は、日常の生活で感じる不便を選び、写真、またはスケッチにしてきて下さい。 セッションは、同一グループの人を説得して自分の設計課題に協力してもらうことから始まります。
 今年の年次大会は 12月17日(土)、本郷にて行います。出展の1つとして、三大学院(上智、九工大、東大)対抗デザイン展を計画しています。
 年次大会への参加者全員が審査員となりますが、わたしたち失敗学会員も学生に負けぬよう、デザイン・ソリューションのアイデアを競いたいと思います。大阪では9月10日、東京では10月22日のフォーラムへの参加者で、3 - 5名のチームを作り、自分たちで設計課題を見つけ、それに対するソリューションを考えます。
 必要な準備は、日ごろ自分が不便に思っていることを言葉にすることです。できれば、その不便を写真に撮ってきてください。解決への第1歩は、チームメイトを説得して自分が準備してきた課題をチーム課題とすることです。
 おおよそのスケジュールは以下のように進めます。日ごろ、生活に不便を感じている人、自分の創造性を磨いてみたい人、知恵比べコンテストに参加してみたい人、人がうんうん悩むのを傍観したい人、どしどし御参加をお待ちしています。

13:00 イントロ
13:10 不便プレゼン
13:40 チーム形成
14:00 アイデア出し
15:00 休憩
15:15 思考展開
16:15 プレゼン
16:50 コンテスト参加要領説明

17:30 懇親会(参加は別途実費)




本イベントは終了しました。




【参考文献】『創造設計思考法』2016養賢堂、飯野謙次


⇐ クリックでアマゾンに飛びます





10 11  12月 1 2 3
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

失敗知識DB

失敗年鑑

個人会員紹介

法人会員紹介

失敗体験施設名鑑

画像掲示板
 
Copyright©2002-2018 Association for the Study of Failure