特定非営利活動法人

失敗学会

広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について 広告掲載について
 入会案内
 連絡先
 International
   日本語ホーム
 組織
   設立主旨
   法人会員
   個人会員 
   分科会
   貸借対照表
 ニュース
   過去のニュース
   ビデオライブラリ 
   関連・推薦書籍
 会員ページ
   パスワードを忘れたら
   会員個人情報変更
   失敗学フォーラム
   論文投稿要領
 〒113-0033 東京都
 文京区本郷 5-29-12
  admin@shippai.org  

Interior Lifestyle Tokyo 訪問

飯野謙次


 6月14日から3日間、東京ビッグサイトで、Interior Lifestyle Tokyo が開催された。ドイツ fidlock社のスナップを扱っている IRIS 社が出展をされていたので、何年ぶりだろう、久しぶりにビッグサイトを訪れた。
 実は昨年度、デンマークからの短期留学生 Aitor 君が中尾研を訪れ、創造設計を学習して帰った。アイデアが次々に出る Aitor 君は、ずいぶん中尾研での学習を楽しんだようだったが、あるとき fidlock を使ってベルト取り付けるタイプのウェストポーチを作りたいと相談してきた。
 ネットで探してみると、日本ではIRIS社が扱っており、ただし小売はしていないとのこと。しかし、IRIS社もこの fildlock という不思議なパーツの利用法を模索しており、できあがった利用例と引き換えに、商品サンプルをいただけることになった。


fidlock のオスとメスのパーツ

 上図に fidlock のパーツ例を示す。左がオスで右がメス。2つを近づけると磁力でカチャッとはまるが、メス側にばね式のノッチがあって外すには、写真のメスに対してオスをまっすぐ左に引かないといけない。このほかにも、布製のタブをつけて引きやすくしたものや、ボタンを押すと簡単に外れるものもある。
 早速 Aitor 君が作ったベルトポーチを以下、3枚の写真に示す。自分で外すのは簡単だが、普通には簡単に外れないというアイデアだった。


1. 隠れたタブを引っ張ってベルトポーチを外す


2. 簡単に外れる


3. 取り付けは、所定の位置に近づけるだけ。
取り付くと簡単には外れない。

 次の写真は、商品サンプルとして採用された Aitor 君のアイデアである。ベルトもいっしょに買うようになっている。


IRIS社のコンセプト商品

 IRIS社の展示ブースにはこの他、自転車、ゴルフバッグ、バックパック、そしてナイキの高級スニーカーモデルにも採用された展示があってとても楽しかった。


IRIS社ブース

 今回は、展示会自体がいつものいかめしい機械や、IT製品ではなく、日用品を中心に工夫を凝らした展示にメカマインドが大いに刺激された。もちろん中には、意匠勝負の製品も多かったが、他では見ないおしゃれな製品は、それを実現する製造技術があって初めて生まれたものもあった。今年は何を創造しようか、心を弾ませながらビッグサイトを後にした。

10 11  12月 1 2 3
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

失敗知識DB

失敗年鑑

個人会員紹介
3170番様のページ

法人会員紹介

失敗体験施設名鑑

画像掲示板
 
Copyright©2002-2018 Association for the Study of Failure